花晴れ半端ないって~絶対神楽木とくっつくって分かってるのに最終話までドギマギさせるじゃん~

 

 

まだ、花晴れのない火曜日なんていらない……

f:id:kbrp25:20180703171716j:image

 

って気持ちの方がおおきいのですが、そんな悔しいぐらいだいすきになった花のち晴れのお話をしようっ!!

 

かぐらぎ!!はると!!かぐらぎ!!はると!!

 

 

神楽木晴として平野紫耀さんが毎週火曜に見れる世界がとてもピースフルすぎましたね。寂しいです。

ハルトと紫耀くんのギャップかわいいところがハマってる~って思ってみてて、ハルトに紫耀くんみを感じて嬉しくなったり、はまたま今まで見たことないような紫耀くんの表情をみれたり、ほんとうにたくさんのお顔を見せてもらえてとてもたのしかった!映画を2本撮り終え、King & Princeというグループを背負いながらする演技のお仕事はまたひと味違ったのかな?自分は俳優じゃないから……っと怖気づいてしまっていたみたいだけど、自信に繋がる作品になっていたら嬉しいね!!

 

 

 

 

出演が決まった時すごくすごく嬉しい気持ちと……少しだけ不安な気持ちが芽生えてしまったこと謝りたい……な。いつも自慢な担当様っ!!!!っと褒めて信じて圧倒され続けていたのに、大ヒットドラマの続編シリーズってこととか、火曜ドラマ枠の時間拡大の1作目なこととか、圧倒的演技力の2人と一緒に主役級を演じることとか、、必要以上にプレッシャーを感じて、、私が潰されていました。ごめんなさい、、、、1話終わりに「花のち晴れ」、「神楽木」でエゴサーチしました、!果たして私がそれを調べてエゴサーチと言うかどうかはなぞですが、ね。

 

そんな不安なんてドラマがはじまってしまえば、すごくワクワクした気持ちに変わったし、やっぱり紫耀くんには叶わないよ……と圧倒されました。1話で「シンデレラガール」が流れた瞬間、画面が滲んでしまいましたね、なんだかんだ、1番デビューを実感した瞬間だったかもしれない……。

 

 

ドラマ自体もすごく輝かしくてキラキラしてて胸にときめきをどぎまぎを与えてくれてたし、SNSで繰り広げられているこの中に紫耀くんもいるんだな~っと思うと嬉しくなってしまっていたよ、紫耀くんがキャスト、スタッフみんなへパーカーをプレゼントしたと聞いた時もきっとチームとしての認識がすごく強くなっていけた、心強い現場だったんだろうなと思えたし、共演者の方はもちろん、SNS上でちらっと映り込むスタッフの方が着てたりするのをみると、やさしい気持ちになれたよ。

紫耀くんのデビュー、中川大志くんの20歳の誕生日、木南晴夏さんの結婚、(ゲスト出演してくださった松田翔太さんの結婚)人生の中の特別な記念日との巡り合わせもこのドラマを一緒に盛り上げてくれているような気にさせてくれたね。

 

 

 

そして、Twitter上でリアルタイムにみんなと盛り上がれたことがすごくたのしかったの!ほんとうにそんなドラマわたしがTwitterはじめてからなかったよ(大袈裟)……そんなドラマを自担のドラマとしてみれるこの誇らしさっ!「紫耀くんかっこいいだろーーーー」っと大声で叫んでました。

 

 

 

 

 

 

 

あぁーーたのしかったよ!真っ直ぐに進むハルトがかっこよくて、幸福を祈って仕方がなかった。真っ直ぐでかっこつけでかっこよくて少しだけヘタレで負けず嫌いなハルトにまた会えますように。会えると思っているよ。

 

 

 

神楽木晴が平野紫耀で、

平野紫耀が神楽木晴でよかったよ。

 

 

次はステージの上で……

そして、それからの先で……