バイバイ、Jr担だったわたし。

 

5月23日King & Princeデビューに伴い私も、Jr担を卒業する。とても嬉しくって少しだけ寂しい話です。

 

 

好きになった彼は関西で初めてのユニットの真ん中でへにゃへにゃの笑顔と突拍子もない発言、シャカリキに踊るダンスがトレードマークの男の子でした。

 

関西から東京へでてきて、真ん中で踊るようになってからの日々。Mr.KINGの日々。とてつもなく愛おしい日々でした。

Mr.KINGができるまでの狭間の日々は戸惑いと寂しさと少しのワクワクで、関西にいたことを胸の中にどうやってしまっておけばいいのか分からずに…本人達も東京で頑張っていきますっと言える状況でもなかったし、ただひたすらに時間が流れ、行く末を見守る、私が彼を応援している間の少しだけ冷たい記憶。

 

 

6人での夏はどんどんグループとなっていく彼らに目が離せなかったし、グループの継続も秋以降の活動も信じて疑わなかった。「すぐにまた会えるよ」その言葉を鵜呑みにしてた。

 

Mr.KINGがJrの先頭!!となっていくことは、必然なんだと思っていたし、ほんとうにたくさんのことをやらせてもらっていて。やらせてもらうことが多くなれば、それだけ責任もプレッシャーも大きくなっていくし、プレッシャーに潰されてしまうのではないかってこっちがハラハラしてしまうこともあって、でも、そんな心配を他所に、ほんとうにMr.KINGはよくやってくれてたし、それがファンである私の誇りでした。わたしはMr.KINGのファンでいれることがやっぱり幸せだった。

 

その時間が大切で、大事で、尊いものになればなるほど、もうひとつ上のところへ連れてっていきたくなったし、連れて行って欲しいと心から願っていた。だから、紫耀くんがほぼ初めて、雑誌の3人での会話の中であったとしても、デビューって言葉を発してくれた時!あぁ紫耀くんも同じ気持ちなんだっ!紫耀くんにとってもMr.KINGが大事な存在になったんだな~って思ってうれしくて、とてつもなく愛おしい存在になりました。取り返しのつかないことをこの3人とやっていきたいと、一緒にやらせてほしいと心から思ってた。たくさんの仕事があって、メディアに取り上げてもらえば、デビューに1番近い!1番勢いのある!なんて言葉を並べられて…それでも叶わない、そんな日々は辛いのに3人が魅せてくれるものは幸せばっかりで、ほんとうにほんとうに感謝しかなかった。しょうとれんとかいととで繋いだ手ずっとずっと離さないでいてね。

 

6人での夏も区切りにとしてと思っていたのに、新しい曲も、以前にもらった曲も、それぞれにもらった曲もずっとずっと素敵に見えました。ぶつかり会える存在の大きさに気づくことができて、、大事な存在であることを認識できた。

 

 

6人でのデビューを願っていたのに、最初は戸惑いを隠せなかったこと……あまりにも自分の中のMr.KINGという存在が大きくなっていたこと、そんな風に気づけたこと、そこにまた新たな幸せを感じたこと。全部全部わたしの感情で。私の本音。それでも6人のデビューが心から待っていたこと。嬉しいこと。幸せなこと。これも全部私の本音。これから先も私の知らない私の感情が動いていくんだろうな!しあわせだな!

 

 

どこかのPrince担の「Princeはいつも2番手だった……」って言葉がずっと胸に刺さっていて、、それでもわたしはPrinceのPrincessとの関係が温かく、優しく、かっこよく、宝物みたいに素敵な関係だったことも。Prince3人の関係が幸せに満ちていたことも、すごくすごく羨ましく思ってるところもあったの。単独になった時の幸福感はそう、出せるものではないんだろうなって!!そんな3人とそのファンの人達とこれからやっていけることにワクワクしています。幸せな世界があることを確信できる。

 

圧倒的な経験値と華やかなパフォーマンスをもつSnow Man。独自の世界観に圧倒されるSixTONES。たくさんの武器を持つことでその可能性を広げていくLove Tune。揃うことが個性、代わり進化をし続けるTravis Japan、華やかさと盛大さをくれるHIHI Jet。まさに新星、勢いでかっさらっていく東京B少年。貪欲さと、いつでも寄り添って包んでくれた関西ジュニア。たくさんの刺激を与えてくれたのは間違いなくて同じステージに立てたことがほんとうに幸せでした!

 

 

 

 

平野紫耀くん、君のJr時代の応援はとてもとても楽しくて幸せに満ち溢れていました。紫耀くんの担当だったから見れた景色が確かにあって、それはずっと忘れられないものです。おどけた顔も、少しだけハスキーな声で歌い上げる姿も、力強いダンスも、驚くほどの発言も、くしゃくしゃに笑う顔、力強くステージに立つ姿とその儚げでどこかへ消えていってしまいそうな横顔も。全て君が見せてくれたもの。これから先もずっと胸にしまっておくつもりです。ここから先魅せてくれるものと一緒に。きっとこの先今までよりもたくさんの景色を、たくさんの表情を、たくさんのパフォーマンスを見せてくれると思うとまた、ワクワクが止まりません!紫耀くんのファンでいれることがやっぱり楽しいし、幸せです。

 

ジャニーズJrを続けてくれてありがとう。ずっとずっと光の中に立ち続けてくれたこと、この先も立ち続けてくれること、ほんとうに嬉しく思うよ!これから先もずっと応援しています。

King & Princeデビューおめでとう!!

だいすきだようーーーーーーーー!!

 

 

 

f:id:kbrp25:20180522223752j:image