2015年夏の幻になってしまうのか。~Mr. King vs Mr. prince~

 

彼らが本格的に一緒に活動し

はじめることとなったのは、

2015年のクリエ銀座、

クリエAとしてのステージ。

そう、4枚の当日券に

1000人以上のファンが集まった公演。

 

そのクリエ公演の千秋楽から

1週間もたたないうちに

テレ朝夏祭りの応援サポーターに

任命されたことが発表され、

同時にMr.king vs Mr.Princeという

ユニット名をいただいたことも発表された。

 

 

7月17日には、マツダオールスターゲーム

新曲サマー・ステーションが披露され、

テレビの前で期待と困惑どちらの

ドキドキか分からない感情で

見ていたのをいまでも鮮明に覚えている。

それは、これがデビューへの

道のりの第一歩だと感じていた

からだと思う。それほどまでに

彼らの勢いを感じていた。

翌日から始まったガムシャラ特別公演でも

その勢いと彼らがグループに

なったことを見せつけられました。

 

期間限定で組ませてもらった

ユニットが継続を発表されたことも

自然の成り行きだったと感じた。

彼らの「またすぐに会えるよ」の

言葉を最後に幕を閉じた熱い熱い夏でした。

そう、すぐに会えると信じて。

 

Mr.kingのジャニーズワールド

メイン出演が発表され、

Princeのセクゾバック、

単独クリエ公演、冠番組。

すれ違う彼らの活動の場。

もう見れないのだと諦めた

6人のステージがふとっ舞い込んできたのは、

 

野球大会のOPでした。

東京ドームのグラウンドであの夏を

熱くしてくれたこの曲を

再び聴くことができるとは、、

期待してなっかた訳じゃない、

でも夢のまた夢だと思ってた。

ほんの一瞬の出来事でした。

一瞬で、諦めていたまたあの

輝いてる彼らを見たいという

想いがこみあげてくるのでした。

 

 

彼らの予定は分からない、

またvsをつけて活動してくれることが

あるのかも私にはわからないけど

彼らの成長近くで見守り続けたい。

平野紫耀が進む道を微力ながら


照らしていきたい。

 

 

次週のミュージックステーション

どんなステージがみれるのか、


淡い期待をしながら待っていようと思う。